LINEの面倒臭いところは、メッセージを読むと“既読”と付いてしまうところです。

読んでいるのに返事が来ないことを既読スルーといいます。

 

 

 

既読スルーをする理由は、

・返事が面倒くさい

・ただの報告メッセージ

・返事をする途中で仕事の時間になった

・後で返事をしようと思ってたのに忘れた

などなど。

 

 

 

ここで問題なのは、面倒臭いメッセージを送ったり、「これから〇〇ですー。」という報告メッセージを女性に送ることです。

 

 

・返事をする途中で仕事の時間になった

といった場合には、女性の終業時間を聞いているならその時間帯に合わせてメッセージを送ってみて下さい。

 

 

 

その時に、「何で返事遅かったの?」というマイナスなことは言わないで下さい。

 

 

 

・後で返事をしようと思ってたのに忘れた

時間が経てば経つほど女性はメッセージを送りにくくなるのでこの場合あなたからメッセージを送りましょう。

しかし、すぐに送るのではなく1日以上空けることが重要です。

 

 

 

では、どのようなことに気を付けてメッセージを送れば既読スルーをされないのでしょうか?

 

 

 

それは――

女性が興味を持つ内容です。

 

 

 

具体的には、女性の好きなことや趣味、興味のあることについてメッセージを送るということです。

LINE交換をしたら女性の好きなことや趣味、興味のあることについて聞ききます。

 

 

 

その中にあなたと一致することがあったら女性との好き度をメッセージのやりとりの中から聞き出します。

そうして、それプラス写真を送信することでその興味はもっと引き付けることでしょう。

 

 

 

「じゃあどれくらの頻度でメッセージをしたら良いの?」

と質問が来ますが、それは女性に合わせます。

 

 

 

テンポが良くメッセージが届く時間帯は、女性も家でくつろいでいる時でメッセージが楽しいことを表しています。

よって、あなたの好感度も上昇中ということです。

 

 

 

逆にテンポが悪くメッセージもあんまり来ない場合には、女性の都合が悪い時かメッセージがつまらないか、ということを表しています。

よって、あなたの好感度が下がっている、もしくはないに等しい状態になっています。

 

 

 

そういう女性に頻繁にアタックしていても時間の無駄となるので様子見をしましょう。

 

 

 

女性がテンポが悪くなる理由としては、

・相手の男性に対してあまり好意を持っていない

・ただの暇潰し

・そもそもメッセージのやりとりを頻繁にしたくない

・忙しい

・わざと

などなどが考えられます。

 

 

 

女性とのメッセージのやりとりで少し時間が空いた場合にはスタンプを使ってみるというのも方法の1つです。

スタンプは面白いものから色々なものまであります。

話のネタになるスタンプを送信したら女性から返事が来るかもしれません。

 

 

 

また、そもそもメッセージのやりとりを頻繁にしたくない女性にあなたから頻繁に送っても既読スルーの対象になります。

そういう場合は、さりげなく女性の望んでいるLINEの頻度について聞けると一番良いと思います。

 

 

 

あなたが会話上手になれば、メッセージは自然と盛り上がり、頻繁にメッセージのやりとりをしたくないと言っていた女性も気付いたら毎日のようにメッセージのやりとりが出来るかもしれません。

 

 

 

まずは、女性の好きなことや興味のあることを聞いて、そこから話を広げて、時には写真や動画も使います。

そこにあなたの深い意見はいりません。

そもそも意見はいりません。

女性に共感をするのです。

 

 

 

メッセージのやりとりをしていて楽しいと女性が感じてくれたら既読スルーはされません。

もっとLINEを攻略して女性を自分のものにしたい方はコチラ