今回は出会い系サイトでサクラに騙されて5000万円も搾取された60代の男性の提訴の内容をあなたが今後の被害に合わないように書いていきたいと思います。

 

 

 

提訴の内容

 

男性の年齢は60代。出会い系サイトに登録したのは59歳の誕生日になる前に彼女が欲しいという思いからのようです。そして、相手の女性に5千万円の大金を注いでいたようです。

 

 

 

その相手の女性がサクラだったということで60歳代の男性が出会い系サイト運営会社に対し、支払った金額の賠償を求める訴訟を裁判所に起こしたということです。

 

 

 

サイト側の言い分としては「実在の女性」なので女性はサクラではない。と反論しており裁判所はどのような判決を下したのだろうか?気になるところです。

 

 

 

相手の女性との出会い

 

今からさかのぼって役5年前のことですが、男性は59歳の誕生日を迎えようとする前に、ある出会い系サイトに登録しました。

 

 

 

サイトに登録したところ女性会員のプロフィールや掲示板を見たりでき、メールをやり取りすることが出来るようになります。

 

 

 

ご存知の通りポイント制の出会い系サイトではポイントを買わないといけません。今回の被害にあったとされる相手の女性がいる出会い系サイトではポイントも高額だったようです。

 

 

 

そんな中、男性はサイトを通じて「ゆか」(仮名)と名乗る女性と知り合いました。そして、ゆかとメールでやり取りするうちに好意をもつようなり、ゆかと2回会う約束をしたが直前でドタキャンされてしまったようです。

 

 

 

1回目のドタキャンの理由としては急な用事、2回目の理由は悪者に追いかけられ外に出られないという理由だったようです。

 

 

 

ゆかは男性に対して大丈夫だから!安心して!守るよ!というような内容を送ってほしいと要求をしていた。

 

 

 

出会い系サイトでは、メールを送るだけでもポイント消費でお金がかかる。しかし男性はゆかを気に入っていたので要求をのんでメールを送っていたのでした。

 

 

 

この出会い系サイトの特徴としては相手の判断能力を奪う劇場型犯罪と呼ばれる形で展開されてたみたいです。

 

 

 

そして、同じサイトでもう一人登場します。「優香」(仮名)という女性です。この女性は自らを超能力者と名乗り「ゆか」を悪者から助ける問う設定で登場し意味不明なメールを男性に要求していたようです。

 

 

 

しかし、男性は要求に従いメールを送信してしまったのです。そしてポイントがなくなると優香は「ポイントなければどうする?それくらいわかるでしょ?」とさらに煽って催促していたのです。

 

 

 

3年間かけて5千万円もの大金を出会い系サイトに注ぎ込む

 

そして2人の女性に加えて、さらにもう一人の第三の人物も登場します。この女性もゆかの居場所を特定するためや男性にも危険が及んでいるということを回避するためとしてのメール送信をするように要求していたようです。

 

 

 

ほかにも「大金をあげるから」とメールで記号や暗号を送るように指示されたこともあったということです。そして気づいたら出会い系サイトに注いだ金額が3年間で約5000万円にもなったようです。

 

 

 

そして男性は訴えるという行動になったようですが、サイト側は「ゆかと電話で実際に話したこともある」などとして「ゆかは実在の人物であってサクラではない」と正面から否定した。

 

 

 

裁判所の判決

 

裁判所の判決では、サイトに登録されていた女性のプロフ写真の一部が香港や台湾の女性モデルだったと判定。ゆかは「悪者に追いかけられている」と男性に向けてメールを送っていたことに対して裁判所は「明らかに不自然な理由で会うのを拒否している」として「実際に会えると誤信させてポイントを消費させたのはサクラだった」と判定をくだした。

 

 

 

さらに「仮に実在の人物がメールのやり取りをしていたとしても、出会い系サイト側からの支持を受けていた」と述べて女性が実在したとしてもサクラには代わりがないとした。そして賠償を命じた。

 

 

 

こういった出会い系サイトをめぐる被害相談は国民生活センターによせられるが1年間で9600件を超えている。男性としては、もう少しで会えるというところに付け込んでいるようです。

 

 

 

このような被害は後を絶たない出会い系サイトですが、被害にあわないようにするには、ポイント消費を極力抑えていかなければならない。私が使っている出会い系サイトでは一人に会うのに500円と決めている。

 

 

 

優良の出会い系サイトを利用し、極力お金を使わないように出会いたいと思っている男性は多いと思いますので、こういった事例を参考に気を付けていきましょう。

※一部産経新聞から抜粋

優良出会い系サイトはこちら